誤解によるトラブルを未然に防ぐ

太陽光発電システムを設置するご家庭が急増するのにともない、誤解や勘違いによるトラブルが時々発生しています。
ほとんどのトラブルは一部太陽光発電システムの販売業者による説明が不足しているために生じているもので,商品説明が十分になされている販売店から購入したご家庭では生じていないものです。
目立ったトラブルについて事前に情報を得ておくと、誤解によるトラブルを未然に防ぐ事ができるでしょう。
島根でこれから太陽光発電システムを設置するご家庭は是非参考にされてください。
4kWの太陽光発電システムを導入し、実際の発電量が3.5kW前後というケースはよくあることです。
このケースで不良品ではないかとクレームが出る事がありますが、太陽光発電システムの発電容量とは最大能力の数値であり、通常はそれを下回ります。
事前に太陽光発電システムの販売店が発電シュミレーションを行なうと、自宅に設置する発電システムの予想発電量が事前に想定できるので、このようなトラブルは起こりません。