松江市での太陽光発電を考える

松江市で太陽光発電を考えていると相談したところ、多くの友人は日照時間が短いので大丈夫か?と言われる始末です。
そんなに短いのかと確認してみたところ、やはり短いことが判りました。
なんと島根県は、全国で42番目と言う成績です。
これが試験の成績ですと、落第生であること間違いないと思います。
なにしろ下から6番目なのですから。
でも不思議に思うのが沖縄県なのです。
この沖縄県は45番目ともっと下位にランクされているのでした。
そんなことから日照時間的には、太陽光発電には問題ないのです。
そして同じ松江市で先輩に当たる家庭の様子も知ることが出来たのです。
こんな松江市でも売電出来る日照時間は、あると言うのです。
そのお宅の昨年10月の実績では、売電を2万円余りしたとのことです。
そして使った電気料金が6000円程度でかなりの黒字になったとのことでした。
またこの人が言うには、年々太陽光発電の使い方、つまり電気の使い方が上手になると言うのです。
その結果、毎年わずかながらも電気料金の支払いが少なくなっているとも言うのでした。
その中で、確かに日照時間に左右される太陽光発電とも言います。
毎日天気になあれ!と、テルテル坊主を飾ってもいると言うのです。
そこまでの余裕があるのですから、太陽光発電も上手く行っているのだと思うのです。
始めの投資額が少し大きいことだけが、気になるのです。
そこをクリア出来れば、太陽光発電はとても良いものと思います。