島根県で太陽光発電を始めるメリット

島根県でもメガソーラーの話が持ち上がるなど、
太陽光発電がいま注目されています。
家庭で太陽光発電システムを設置するメリットは、
大幅に光熱費を削減できることや売電ができることです。
太陽光発電はまだ新しい技術であるため、
まだまだ知られていないことが多く疑問ばかりです。
いまなぜ太陽光発電なのか?
国や自治体で補助金などがでることも一つの理由です。
さらに大きな理由が太陽光発電の新たな買取制度が始まったことです。
家庭なら1キロワット当たり42円で買取ってもらえます。
しかも、10年間固定で買取ってもらえるというのですから、
これは投資としても悪くはないものだと思います。
そして、この制度は全員参加型の制度だということです。
太陽光発電を設置していない家庭でも、
全員参加するという制度なのです。
どういうことかというと太陽光発電を設置していなくても、
太陽光発電の余剰電力を買取るお金をみんなで出し合おうというものでしょう。
太陽光発電で発電してあまった余剰電力を電気会社に売電できるわけですが、
その買取を電気を利用しているみんなで負担しようというのです。
電力会社は損をしないわけですが、
電気を利用しているけれど太陽光発電を設置していないと、
電気料金で負担のみ支払うことになります。
この制度では太陽光発電を設置しないと損ではないかということになります。
ただだからといって太陽光発電を設置すればいいかというと、
その家庭の状況によるとしか言いようがありません。
太陽光発電を設置しても10年で元が取れるとは限らないからです。
どちらにしてもこれから数年は太陽光発電が注目されるでしょう。
技術革新でいままで元が取れなかった家庭でも、
新しい太陽光発電システムが登場して元が取れるようになるかもしれません。
島根で太陽光発電を設置する人も設置しない人も、
これからは太陽光発電に注目しておいた方がいいかもしれません。
できれば損をせず得をしたいと思うからです。