松江市の田舎

松江市の中でも、田舎の方に暮らしています。
田舎だと停電になったりした時、木々なども多いので本当にあたりは真っ暗になってしまいます。
暗いと余計に不安や恐怖を抱いてしまうのです。
それに普及するのもいつになるのか分からないし、不安だらけです。
少しでも安心して暮らしたい、田舎だからといって不便な思いはしたくない、と思って非常用もかねて太陽光発電を導入することに決めました。
周辺には、我が家が導入する前からすでに導入していた家庭は結構ありました。
やはり皆さん停電になった時の不便さは、身に染みて分かっているので導入しているのでしょう。
幸い田舎なので周りに大きな建物はなく、お隣さん同士もかなり離れています。
日照条件はかなり良い方でしょう。
屋根の上だけではなく、敷地全体が太陽の光を浴びています。
切妻屋根で南向きに設置できるので、我が家は沢山の枚数を設置できました。
屋根の種類や方角によっても、設置出来る枚数や発電量は変わってくるようですので、事前にきちんと業者の方と相談しておいてください。
我が家はかなり発電に適した立地、建物だったので、導入した今では光熱費がゼロになるのは当たり前です。
天候によっても変わってくると思いますが、これからもガンガン発電してもらいたいです。
ご近所さんとも最近は太陽光発電の話ばかりしています。
節約の方法などもアドバイスをもらいながら、万が一の時に備えてメンテナンスもしながら生活していきたいです。