島根県でも太陽光発電なのです

最近、良く見るようになったと思うのが太陽光パネルを設置した家庭です。
でもあれって、見栄を張っていませんか?
俺んちは、太陽光発電にして環境に役立っているんだ!エライだろうと言われている気もするのは、私だけでしょうか。
正直、私も家に取り付けたいと言う気持ちはあるのです。
ですが、どこか納得いかないのが、形なのです。
新築の家ですと、まだ綺麗にパネルを設置出来ていると思うのです。
ですが我が家のように、すでに屋根が存在している家では、その形に合わせてのパネル設置になると言うのです。
そんな時、バランスが悪くなってしまいそうで、とても不安でもあるのです。
やはり、見た目が不恰好な家には、住みたいと思わないのです。
そして我が家は、日本海側にある島根県です。
場所、判りますか?鳥取県とよく間違われるのです。
ですからこの県は、雪が多く日照時間も自慢出来るほど多くもないのです。
ですが調べたところ、日本では秋田県など裏日本と呼ばれる地区でも、太陽光発電は可能となっているのです。
技術革新も進み、性能がかなりアップもしているのです。
そんなことから、我が家、太陽光発電に踏み切ったのですが、屋根をリフォームしたのです。
屋根の向きと角度を変えることで、有効な発電も可能になる言うのです。
せっかくの太陽光をキチンと捕らえるようにしたいと思ったのでした。
もうすぐ完成です。
春の日差しも浴び、丁度よい設置時期になったのかも知れません。